(2015年再掲)自動運転の時代が見えてきた。

(2015.10)再掲です


トヨタ自動車が2020年目途に自動運転車の実用化との記事を
今日の新聞、報道で目にしました。

子供の頃、漫画の一コマにあった未来の世界がそこまで来ていますね。

ただし、このblogは自動化に関する経営革新をテーマにしたものですから、
これを題材に経営者の皆様に訴えなければいけません。

・自動運転という高度な自動化が2020年に目途がつくようだ。
・すでにこの分野には、自動車メーカー以外にもIT企業などが研究開発を進めている。
・キーテクノロジーはセンサー、AI、正確な電子地図情報などだろうか。

今から5年の間に、この分野は急速に変化していくのではないでしょうか?

自動運転はやはり、高度な処理です。だからあと5年くらいはかかる。
言い換えれば、そこまで高度な要求ではない自動化要求であれば、5年かからない。

導入を考えていた企業にとっては、
今まで、技術的ハードルやコスト面で導入が困難であった「課題」が解決するかもしれません。

提供側の企業にとっては、
世にいう「外部環境」の機会到来です。もう始まっています。一方で、
製品開発の方向性と顧客ニーズの読み違えをすると、商談の機会を失うかもしれません。

さて、問題なのは、これらの世の中の動きを認識している一方で自社には関係ないと
何も手を打たない多数の企業です。

潤沢な資金を持つ大企業は放っておいても(惰性でも・・)、何とかするでしょう。
それなりに人材も抱えているでしょう。

では、中堅以下の企業はどうすればよいのでしょうか?
兎に角、経営陣の意識を変える必要があるのでしょう。

細かい技術やら、言葉などは後回しでいいのです。「ルールが変わりつつある」。
それを啓蒙するのも自分のミッションだと思っています。

関連記事

  1. IoTは経営支援に使えるのか
PAGE TOP